男性が注意しておくべき前立腺がん~ストップ転移~

医者

男性で増えているがん

前立線がんの転移を予防すれば、命が助かる可能性を高められます。こちらのサイトには、他の臓器にガンが移ることを防ぐ方法が書かれています。

腫瘍マーカーとがん

病棟

男性がかかるがんのうち、いま増加率が最も高いがんが前立線がんです。このがんの検診には腫瘍マーカーが使われています。腫瘍マーカーとはがん細胞が正常の細胞より多く産生するタンパク質などの目印のことで、血液中に多く出てくるために検査が容易です。前立腺の細胞はPSAと略して呼ばれるprostate-specific antigen(前立腺特異抗原)を産生しています。このタンパク質は前立腺の炎症や肥大があっても増えますが、前立線がんがあるとより頻繁に増加します。このためPSAは前立線がんの検診でのスクリーニングや補助診断法として広く用いられています。前立線がんの性質は比較的おとなしくゆっくりと増殖します。しかしときには近くの組織やリンパ節まで増えたり、血液やリンパ液を介して骨盤・背骨や肺などに転移することがあります。

がんの診断と治療

前立線がんが前立腺にとどまっている場合には、がんに特有な症状はありません。前立腺がんが進行して骨盤や背骨にまで転移すると、腰・大腿部・背中の痛みや疲労感・体重減少などの症状があらわれます。前立線がんの診断は、PSA検査・超音波検査・コンピューター断層撮影法や核磁気共鳴画像法による検査での結果を総合しておこなわれます。前立腺炎や前立腺肥大症との鑑別には、前立腺組織の生検と病理診断が必要です。骨への転移の診断のために、骨のシンチグラフィーが用いられます。前立線がんの治療には、前立線がんの成長を促進する男性ホルモンの働きを抑える薬を使う治療法・放射線を体外や組織内で照射する治療法や外科手術療法があります。転移がんに対しては、男性ホルモン作用を抑える薬が使われます。

深刻な病気として知られている髄膜腫を克服しよう。沢山の患者が助けられています。医師の評判を知っておこう。

低下した腎機能を取り戻す。世田谷区で透析診療なら多くの実績を持つこちら。患者様のニーズに応え、質の高い医療を提供しています。

多く発症

病棟

咽頭がんは大体50代〜60代の男性に多く発症するがんです。原因はタバコや喫煙が考えられるのです。声のかすれ、首にしこり、食べ物をうまく飲み込めず痛いなどの症状がある場合は咽頭がんを疑う事も考えられるのです。

この記事を読む

マイナーだけど恐いがん

女性

胆のうがんの基本治療は手術ですが、最近胆道がんにおいて遺伝子による治療が開発されており、将来胆のうがんにおいても遺伝子による治療が開発されることでしょう。また、初期症状が無い胆のうがんですが、少し進むと腹痛や黄疸など特徴的な症状が現れます。これらの特徴が現れたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

この記事を読む

症状や予防法

病棟

様々あるがんのなかに直腸がんがあります。直腸がんは他の部位のがんとは異なり、初期症状に気が付きやすい病気です。その初期症状として血便があります。血便があった場合、大腸がんを疑い、早めに診察を受けましょう。

この記事を読む